『桃サミット2021 』開催のお知らせ

(updated: )

~JA全農presents~

桃の名産地からの映像を見ながら、産地別の極上の食べ比べができる!

タカノフルーツパーラー直伝の桃カッティングレクチャー付きです。

『桃サミット2021 オンライン』

キット購入サイトリンク:https://www.tsukijiichiba.com/user/product/25927

⇒7/3 おかげさまで完売となりました。

桃の美味しい季節になりました。

JA全農が全国のおいしい桃の産地から厳選して組み合わせた、福島県・山梨県・和歌山県・岡山県の極上の桃をご賞味いただきながら、各産地からの熱いメッセージをご覧いただきます。また、タカノフルーツパーラーの森山登美男フルーツクチュリエより、桃のカッティングからプロが教える洗い方〜桃の色止め〜保存方法、家庭で出来るアレンジまでご紹介するレクチャーも必見です。

桃の食べ比べってなかなかできないですよね。『桃サミット2021 オンライン』では、4産地の桃を一度に食べ比べできるキットをご用意しました。開催日までに桃の食べ比べキットをお送りします。(7/24(土)、25(日)到着予定)

食べ比べキットは、「豊洲市場ドットコム」のサイトで購入できます。

⇒7/3 完売となりました。

URLhttps://www.tsukijiichiba.com/user/product/25927

先着100名 ¥4,000円(税・送料込み)

■食べ比べキットの内容:

<桃の食べ比べセット> 

福島県・山梨県・和歌山県・岡山県の極上の桃各2個入り 合計8個

<その他> 

・大分県産かぼす 2個

・新宿高野フルーツチョコレート(白桃×シャインマスカット)75g 1袋

『桃サミット2021 オンライン』

■開催日:2021年7月26日(月)19:00~20:00

URL:https://youtu.be/w06YFWsNCKk

■出展産地:

・福島県

代表する品種は「あかつき」。袋掛けなどは行われず、日の光をたっぷり浴びた桃たちは総じて高糖度。「あかつき」をはじめ、福島の桃の本領が発揮されるのはお盆前からですが、お盆明けから9月にかけて出回る、「まどか」「川中島白桃」など、果肉しっかりした品種も魅力です。

・山梨県

山梨の園地は、総じて盆地気候であるため寒暖の差が大きいだけでなく、水はけがよく、日照時間も長いという果樹栽培に抜群の立地です。桃に1つ1つ袋をかけて作る園地が多く、ジューシーで高糖度なだけでなく見た目にもこだわります。

・和歌山県

西日本を代表する果樹産地・和歌山。関東・関西で人気の品種を幅広く生産しており、袋掛けされた白い果皮の桃から、袋を掛けない真っ赤な桃もあります。

・岡山県

岡山の桃は収穫されるまで袋をかける栽培方法により、果皮が白く高貴な雰囲気を持ちます。果肉は大変柔らかく「とろけるよう」な食感です。清水白桃やおかやま夢白桃などの独自品種も多く、栽培方法も品種も他産地と一線を画す桃を生産しています。

■進行スケジュール

1.開会のあいさつ

2.桃産地PR & 産地パネルディスカッション  

  • 産地紹介・トークセッションVol.1 /福島県
  • 産地紹介・トークセッションVol.2 /山梨県
  • 産地紹介・トークセッションVol.3 /和歌山県
  • 産地紹介・トークセッションVol.4 /岡山県

3.タカノフルーツパーラー/森山登美男フルーツクチュリエによる桃のカッティングとアレンジ実演

4.全農の食の応援団「虹のコンキスタドール」岡田彩夢さんによる試食

5.特別協賛産地紹介

-産地紹介/秋田県・山形県・ 長野県 

6.閉会のあいさつ 

『桃サミット2021 オンライン』は、視聴を逃した方もユーチューブで事後閲覧できます。

また、食べ比べキットを購入いただかない方も無料で視聴できます。

主催:一般社団法人FRUIT LOVERS LIFE

   一般社団法人Ag Venture Lab  

特別協賛:JA全農

協力:新宿高野/タカノフルーツパーラー

   株式会社食文化

《一般社団法人FRUIT LOVERS LIFE 》

『果物』のファンを醸成することを目的に果物が大好きなメンバーが集まり、旬のおいしい果物を食べる機会を創出する企画や、果物のある生活を提唱する情報を発信していくコミュニティです。季節、旬、毎年多く輩出される品種に熟知したメンバーは、全国の産地、生産者を応援して消費者へお繋ぎする活動をしています。

https://www.fruitloverslife.com/

《一般社団法人Ag Venture Lab 》

2019 年にJAグループ(JA全農、農林中央金庫等)が共同で設立した一般社団法人で、「次世代に残る農業を育て、地域のくらしに寄り添い、場所や人をつなぐ」をコンセプトとして、スタートアップ企業やパートナー企業、大学、行政等と協創し、様々な知見やテクノロジーを活用しながら、社会的課題の解決につながるような新たな事業創出、サービス開発、地域課題の解消に挑戦しています。

https://agventurelab.or.jp/

《タカノフルーツパーラー チーフフルーツクチュリエ 森山登美男》

青果商を営む実家の家業に携わったあと、1978年株式会社新宿高野入社。

タカノフルーツパーラー新宿本店のカウンターチーフとして、パフェを

はじめ数々の商品開発を手掛ける傍ら、新宿高野のカルチャー教室の

講師を務める。テレビ・新聞・雑誌などのメディア露出も多数。